審美歯科について

インプラントici に関連して審美歯科について

審美歯科とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のこ

とです。

歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、ともに健康に関し

ては重要な要素と考えられています。

しかしながら、健康保険制度での治療は機能的な歯科治療に偏重

しがちで、審美歯科的な治療を行うには限界があります。

日本歯科審美学会では歯科審美学を次のように定義しています。

「歯科審美学とは、顎口腔における形態美・色彩美・機能美の調

和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学

習に関する学問体系である。」と定義されています。

審美歯科の具体的内容は、歯列矯正、ホワイトニング、オールセ

ラミック、セルコン、その他特殊材質による人工歯などがありま

す。

近年では、スカイスといわれる歯のピアスを施す歯科も増えてき

ているようです。

インプラントici に関連して審美歯科の説明でした。

インプラント治療の進め方

インプラントici に関連してインプラント治療の進め方について

インプラント治療の進め方には、大体6つのステップをふみます。

1.インプラントの診査

 インプラント治療は当然歯の無い部分に行われる治療です。

 従って まずその部分の骨の状態が問題となります。

 その他、歯肉の状態、咬み合わせの状態など様々な事柄を診査し 

 ます。

2.インプラントの診断

 診査項目に基づき治療の計画を立案します。
 
 この際、歯を失った部分のみならず、お口の中全体を考えた計画で

 なければ、長い期間健康でいることはできません。

 インプラント治療ではなく、口腔内の治療の計画です。
 
 安全に手術が行えるかの全身状態の問題があれば医科主治医に対診

 します。

3.術前処置

 治療を安全かつ正確に行うために、第一段階の治療を行います。

 一般的には歯周病の治療がメインとなりますが、不良な冠の除去

 や、咬み合わせを整える準備の治療を行います。
 
 また、全身的に問題があればこの時点までに医科主治医の治療も依

 頼します。

4.インプラント埋入手術

 埋入の診断計画に乗っ取り、インプラントを埋入します。

 手術に際しては、安全にインプラント埋入手術が行えるように、麻

 酔科医が全身状態をチェックしながら行う事により、安全かつ苦痛

 の無い手術を行うことが可能です。

5.インプラント補綴

 インプラントの冠は全体的なバランスを見るため、まず仮の歯を装

 着します。この時点で歯肉の状態と咬み合わせの状態をチェック

 し、良好な状態が得られるまで修正を繰り返します。

 残りの歯を含め、全体がバランス良く整った時点で、最終的な冠を

 被せます。

6.インプラントのメインテナンス

 最終的な被せものを装着したからといって、治療が終了した訳では

 ありません。

 今度はこの治療結果を長く持たせるためのメインテナンスという治

 療を新たに開始するのです。

インプラントici に関連してインプラント治療の進め方について説明
しました。

インプラント矯正とは

インプラントici 治療に関連してインプラント矯正について

インプラント矯正とは

インプラント矯正は、歯列矯正用につくられたインプラントを顎

の骨に埋め込み固定し、今までの矯正治療では困難であった歯の

動きを可能とし、治療期間の短縮や顎を切る等の外科的治療が必

要とされたケースに使用されます。

主にデコボコが大きくある症例やガミーフェイス(笑った時に歯

茎の大半が見える状態)などの症例に多く使用されます。

治療期間が一般的歯列矯正より短く、一般的に外科手術が適応の

症例においても手術なしで行うなど、抜かない治療の幅が広がる

メリットがあるが、口腔内に歯列矯正用インプラント材料を埋入

する必要がでてきます。

インプラント矯正の歯科材料はK-1、SMAPに代表され、どちらもデ

ンツプライ三金社により医療器具として認可され市場に供給され

ているものが使用されています。

インプラントの長所と短所

インプラントici 治療の長所と短所

インプラントの長所は以下のようなものがあります。

○ 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく固いも

  のを噛むことができるようになる

○ 隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担をかけない。

○ 見た目が天然歯に近い。

インプラントの短所は以下のようなものがあります。

○ 歯槽骨を切削する必要があり、稀に術後の後遺症を起こすこ

  とがある。

○ 全身疾患がある場合には治療できない場合がある。

○ 骨から体外に直結する構造のため、天然の歯周組織と比べや

  や感染の危険性が高くなる。従って人工歯根を維持するため

  には、口腔衛生の管理と定期的な検診が必要となる。

○ 日本では健康保険の適用対象外であり、世界的にも医療保険

  でカバーされる国はない。

自由診療(保険外診療)となるので、現状ではかなり多額の治療

費がかかり、社会的には健康面における国民の2極分化を拡大する

懸念はあります。

インプラントが骨性癒着するという点を欠点であるとする向きも

ありますが、実際には利点でもあり、どっちもどっちですね。

インプラントici 治療の長所と短所でした。

インプラントici のこれから

インプラントici 治療について

インプラントici のこれからの課題について

現在でも骨組織の再生はある程度できるが、天然歯根の周りにあ

る歯根膜を再生することはできません。

歯根膜は噛む力の感知の役割を果たす感覚器でもあり、歯根膜の

ない人工歯根は、咬合機能圧に対する挙動が本来の歯のものとは

異なっています。

天然歯とインプラントを長期に並存させようとする場合に限ると

不具合が生じることが考えられます。

すでに動揺し咀嚼機能を失った天然歯の保存をいたずらに図るあ

まり、歯周組織破壊の進行をを極限まで放置して、インプラント

治療が可能な機会をみすみす逸するケースも数多く見受けられま

す。

この点については、現在の歯科医師側の認識を改める必要があ

ると思われます。


現在のチタン製インプラントは生体適合性も強く、天然歯の機能

をほぼ完全に代替するものであります。

これに代り将来再生医療の進歩により臨床応用可能な歯牙の再生

が可能になるとする向きもあるようですが、これは何の根拠もな

い空想であると言われています。

インプラント治療は現在の日本においては健康保険の適用外であ

り、多額の医療費が患者負担となっていますが、近い将来、従来

型のいわゆる保存・ぺリオ治療を越えることが認められる時期が

迫っているようです。

また懸念されることは、歯科医師の過剰および20世紀型歯科治

療における診療報酬の減少により、新しくインプラント治療を始

める歯科医師も多く、手術の技術、経験、経過観察などのレベル

差が大きくなる事が予想されています。

またインプラント材料を供給しているメーカーにおいても同様で

あり、経験、アフターサービスのレベルに大きな格差があるた

め、医療市場の透明性を高め、市場原理による淘汰に任せるべき

であるという意見がでています。

インプラントici 治療の今後の課題についてまとめてみました。

インプラントici 治療とは

インプラントici 治療について

インプラントici 治療とは

インプラントとは、歯が欠損した箇所を歯の機能を代用させる目

的で顎骨に埋め込まれる人工的な物質(現在ではチタンが多く使

われる)の事です。

人工歯という言葉は古くから義歯などに用いられるプラスティク

あるいはセラミックの歯型を指すものとして使われていたため、

この言葉が使われるようになりました。

英語のdental-implantの訳語でデンタルインプラントとも呼ば

れ、更に一般的には単にインプラントと呼ばれています。

人工歯根を手術的に顎骨に植えて、創治癒を待った後にその上に

人工歯冠;上部構造をつける一連の治療を、インプラント治療と

呼び、ブリッジや入れ歯と違って、天然歯の状態により近い機

能・形態の回復が得られ、また周囲の歯を削ったり、それらに負

担をかける必要がないため、インプラント治療を受ける人は近

年、激増しています。


インプラント治療にはしっかりした顎骨が必要なため、歯周病な

どで歯槽骨が破壊されている人は、顎骨のほかの部分や、腰など

から骨を移植して、人工歯根を埋め込む土台となる骨を構築する

手術を勧める向きもあるが、その中長期的予後については何のエ

ビデンスも得られていないのが現状です。

インプラントici 治療について簡単にまとめてみました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。