インプラントici 治療とは

インプラントici 治療について

インプラントici 治療とは

インプラントとは、歯が欠損した箇所を歯の機能を代用させる目

的で顎骨に埋め込まれる人工的な物質(現在ではチタンが多く使

われる)の事です。

人工歯という言葉は古くから義歯などに用いられるプラスティク

あるいはセラミックの歯型を指すものとして使われていたため、

この言葉が使われるようになりました。

英語のdental-implantの訳語でデンタルインプラントとも呼ば

れ、更に一般的には単にインプラントと呼ばれています。

人工歯根を手術的に顎骨に植えて、創治癒を待った後にその上に

人工歯冠;上部構造をつける一連の治療を、インプラント治療と

呼び、ブリッジや入れ歯と違って、天然歯の状態により近い機

能・形態の回復が得られ、また周囲の歯を削ったり、それらに負

担をかける必要がないため、インプラント治療を受ける人は近

年、激増しています。


インプラント治療にはしっかりした顎骨が必要なため、歯周病な

どで歯槽骨が破壊されている人は、顎骨のほかの部分や、腰など

から骨を移植して、人工歯根を埋め込む土台となる骨を構築する

手術を勧める向きもあるが、その中長期的予後については何のエ

ビデンスも得られていないのが現状です。

インプラントici 治療について簡単にまとめてみました。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40882186

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。