インプラントici のこれから

インプラントici 治療について

インプラントici のこれからの課題について

現在でも骨組織の再生はある程度できるが、天然歯根の周りにあ

る歯根膜を再生することはできません。

歯根膜は噛む力の感知の役割を果たす感覚器でもあり、歯根膜の

ない人工歯根は、咬合機能圧に対する挙動が本来の歯のものとは

異なっています。

天然歯とインプラントを長期に並存させようとする場合に限ると

不具合が生じることが考えられます。

すでに動揺し咀嚼機能を失った天然歯の保存をいたずらに図るあ

まり、歯周組織破壊の進行をを極限まで放置して、インプラント

治療が可能な機会をみすみす逸するケースも数多く見受けられま

す。

この点については、現在の歯科医師側の認識を改める必要があ

ると思われます。


現在のチタン製インプラントは生体適合性も強く、天然歯の機能

をほぼ完全に代替するものであります。

これに代り将来再生医療の進歩により臨床応用可能な歯牙の再生

が可能になるとする向きもあるようですが、これは何の根拠もな

い空想であると言われています。

インプラント治療は現在の日本においては健康保険の適用外であ

り、多額の医療費が患者負担となっていますが、近い将来、従来

型のいわゆる保存・ぺリオ治療を越えることが認められる時期が

迫っているようです。

また懸念されることは、歯科医師の過剰および20世紀型歯科治

療における診療報酬の減少により、新しくインプラント治療を始

める歯科医師も多く、手術の技術、経験、経過観察などのレベル

差が大きくなる事が予想されています。

またインプラント材料を供給しているメーカーにおいても同様で

あり、経験、アフターサービスのレベルに大きな格差があるた

め、医療市場の透明性を高め、市場原理による淘汰に任せるべき

であるという意見がでています。

インプラントici 治療の今後の課題についてまとめてみました。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。