インプラントの長所と短所

インプラントici 治療の長所と短所

インプラントの長所は以下のようなものがあります。

○ 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく固いも

  のを噛むことができるようになる

○ 隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担をかけない。

○ 見た目が天然歯に近い。

インプラントの短所は以下のようなものがあります。

○ 歯槽骨を切削する必要があり、稀に術後の後遺症を起こすこ

  とがある。

○ 全身疾患がある場合には治療できない場合がある。

○ 骨から体外に直結する構造のため、天然の歯周組織と比べや

  や感染の危険性が高くなる。従って人工歯根を維持するため

  には、口腔衛生の管理と定期的な検診が必要となる。

○ 日本では健康保険の適用対象外であり、世界的にも医療保険

  でカバーされる国はない。

自由診療(保険外診療)となるので、現状ではかなり多額の治療

費がかかり、社会的には健康面における国民の2極分化を拡大する

懸念はあります。

インプラントが骨性癒着するという点を欠点であるとする向きも

ありますが、実際には利点でもあり、どっちもどっちですね。

インプラントici 治療の長所と短所でした。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。